テイルズウィーバー

グラフィック
4
面白さ
4
操作難易度
4
コミュニティ感
4
総評価
4

テイルズウィーバー ~大人気韓流ロングランファンタジーMMORPG~

10年以上のロングランを誇る大人気作である本作は韓国の作家チョン・ミンヒ氏の小説「ルーンの子供たち CHILDREN OF THE RUNE」を原作としている。そもそもアバターサービスゲーム「4LEAF」が韓国で人気を博したのをきっかけに執筆された同小説もブレイクしシリーズ化が進み日本語版や続編も発売され、更にその世界観をゲームとして発展させたものとして基本無料プレイのダウンロードMMORPGである本作が作られた。それでは早速その魅力を掘り下げてゆこう。

テイルズオブウィーバー公式トレーラ―

今すぐ遊ぶ!

ゲーム概要

基本的に剣と魔法のファンタジーゲームである本作、宇宙のどこかに存在する異次元銀河系の第三太陽系第三惑星テシスのアルミド大陸が舞台となる。魔法革命称される魔法技術の発展により「科学」に相当する実用魔法が飛躍的に発展した世界でプレイヤーは15人の中から自分に合ったプレイヤーを選択し冒険を繰り広げてゆく。2D斜め上視点が採用されており動作環境をあまり選ばずプレイできる。マップエリアは広大で様々な街、フィールド、ダンジョンを楽しめるうえに数多くの隠し部屋や特殊なマップ、ダンジョンが存在するのでやりこみ度は満点。戦闘システムは「コンボ制」と呼ばれ、各キャラクター固有の基本技による最大5回の連続攻撃の途中に攻撃・補助スキルを織り交ぜ攻撃を完成させるシステムが採用されている。コンボは敵に阻害されない限り半永久的に継続可能だが画面表示上では255コンボを以て上限とし、それ以上のコンボは再び1コンボ(表示なし)の状態へと戻りカウントが継続される。基本的にはソロプレイを十二分に楽しむことのできる本作だが2種類の派閥からなるギルドも実装されているのでじっくりゲームをやりこみたいプレイヤーにはうってつけの仕様と言える。

  • 奥深いストーリー

流石に原作が小説だけあってキャラクターのデティールやストーリーは大変深く、よく練られている。また、往年のロマンシングサガの様に選ぶ主人公によって物語の視点が変わるのでまるでRPGノベルティを楽しむかの如くコンテンツを楽しむことができる。選べる主人公は男女混合で15人。先が気になる展開と物語を進めれば進めるほど明らかになってゆくキャラクターの過去を知ってゆくドキドキ感はテイルズシリーズファンならずとも十二分に楽しめる。

  • 盤石なシステム、仕様

流石に十年以上前のゲームなのでグラフィックなどのスペック面での新しさはないがそれでも非常に評価の高いBGM、王道的かつかわいいSDキャラ、広大なワールドマップなどすべての世界観が混然一体となって非常に統一性のある世界観を表現している。また、バグの多さに定評のあるNEXONゲームの中でも本作は数々の改変を繰り返してきたのでそれらの問題も改善され安泰。

  • 満点のやりこみ要素

何と本作はレベル200からが本番の育成要素が満載!広大なワールドマップ、ダンジョン、隠しステージ、街を探索したり生産イベントを楽しんだりPVPを行なったりと実に壮大なやりこみ要素が十年以上の歳月をかけて現在実装されている。王道MMORPGの集大成ともいえる基本的なやりこみ要素がすべて実装されていると言っても過言では無い本作はじっくりMMOをやりこみたいというプレイヤーには正にうってつけのコンテンツが網羅されている。

ゲーム特徴

・奥の深いストーリー:ノベルティベースのシナリオはキャラクターに愛着が沸いてしまう事間違いなし!

・精査された仕様:10年以上の歳月をかけて精査されてきた操作性、ゲームバランスは体感の価値アリ!

・やりこみ甲斐のあるコンテンツ群:200レベルからが本番というやりこみ要素及び各種イベントはやりこみ度満点!

今すぐ遊ぶ!

まとめ

ゲームコンテンツとして非常に完成度の高い本作は10年以上のロングランを誇り数々のアップデートを繰り返してきた。多すぎたBOTやプレイヤーVIPとついている詐欺集団等が横行するもソロプレイを充実させたりと現在のMMOが持つ危険性に対して真摯に対応を続けてきた本作は基本無料プレイのオンラインダウンロードMMOの王道。未体験のプレイヤー諸君には是非一度体感してもらいたい作品だ。

スクリーンショット: テイルズウィーバー

返信する

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*