エミルクロニクルオンライン

278x173_new
グラフィック
4.5
面白さ
4.5
操作難易度
4.5
コミュニティ感
4.5
総評価
4.5

エミルクロニクルオンライン -萌えアバ系おしゃれゲームの決定版―

まるで萌え漫画の中にいるような気分にさせてくれる基本ダウンロード無料の本作は萌えアバ系ゲームと言ってももはや過言ではない!気に入らない形の武器は気に入った形の武器と合成すればその形に変化することすら可能なうえ好きな設定の住居をおしゃれにコーディネートしたりと日常生活さながらの様々な生活イベントを楽しめるそのファンシーな仕様が個性的である上に秀逸な萌え画アバターによる着せ替え機能がアバターファンの心をわしづかみにすることは間違いない!では早速レポートを進めてゆくことにする。

公式トレーラー

今すぐ遊ぶ!

ゲーム概要

自分のキャラクターアバターにとことんこだわりぬいた本作独自の憑依システムによって他プレイヤーの支援を行えるという画期的な仕様を取り入れているため戦闘よりも充実した生活イベを楽しむための無料ダウンロードゲームと言っても過言ではない。プレイヤーは「エミル(人間族)」「タイタニア(天使族)」「ドミニオン(悪魔族)」「DEM(機械種族)」という善悪属性をバランスよく網羅した4種族の中から好きな種族を選んで自分のプレイスタイルに合ったな職業ツリーを選択しクエストに臨む。ハッキリ言って最強職はグラディエーターなのだが他職業のアバターもとてもよくできているためあえてそれを選ばないプレイヤーも多いほど戦闘より生活イベが重視されており、特筆すべきは飛空庭と呼ばれる空飛ぶ住居の構築を始めとした多様な生活イベが存在するため、アバターSNS好き達が集まってほっこりとしたコミュニティ形成している点だ。また、DEM」対他種族の攻防戦が行える都市攻防戦はゲーム内の善悪、ひいては種族間の立ち位置を明白にしているのでキャラクター作成によってプレイヤー個性が大きく表れる点が面白い。

  • とにかくこだわりぬいた萌えアバターは必見!

髪型や表情、服装は勿論のこと、ペットや住環境に至るまで萌え要素満載のアバター群は萌ゲーファン必見のクオリティ!萌えアバゲームとしてほかの追随を一切許していないその出来栄えは女子率を高めていて、運営からのPvP設立勧告にユーザーから猛反対が起きてPvP案が消滅したほど平和なコミュニティが形成されていると言って良いがおしゃれをし過ぎるとたまにモテ過ぎるのでその点注意も必要だ。

  • やりたいときに楽しめる!さっくりした爽快感

憑依システムや攻防戦、生活イベやお使いイベっぽいクエストがメインで構成されている本作は自らの育成を除けばどれも踏ん切りをつけやすいイベントばかりなので限られた時間の中でゲームを楽しみたい方にはうってつけの仕様を備えていると言える。ログアウトしていても経験値のもらえる憑依システムはちょっとゲームに飽きたと思って離れた後に再ログインすると経験値がもらえたりするので再帰還時の喜びもひとしおだ。

  • 心温まるストーリー

シナリオのみならず定期的に開催されるイベントなどに於いて綴られる心温まるストーリーはまさにプレイヤーをほっこりとした気持ちにさせてくれる。時に笑いあり、涙ありの物語は本作品の持つスペックと非常に相性がよく、ユーザーの心を楽しませてくれる。また、BGMも素晴らしい出来で見事に世界観を盛り上げている

ゲーム特徴

・ほかの追従を一切許さない完成された「萌え」ワールド!:頭に鳥を乗せたツインテール女子が重そうな鎌をズルズル引きずりながら戦いに挑む等の構図が容易に作れるビジュアルの「萌え度」の高さは必見!

ユニークな憑依システム:他プレイヤーの装備品などに憑依できるシステムは遠隔的に経験値を稼ぐことを可能にしているため時間が無いプレイヤーでもキャラを進化させることができる。

・ハートフルなストーリー:心温まるストーリー性のある本作のイベントは定期更新!プレイヤーを飽きさせることなくほっこりとした気持ちにさせてくれることうけあいだ。

今すぐ遊ぶ!

まとめ

もはやその存在自体が「萌え」と言っても過言ではない基本無料プレイダウンロードMORPG。アバターをはじめ、シナリオ、BGMなどその細部にわたってこだわりがみられる部分は勿論だがある種「壊れシステム」的な要素も持ち合わせた戦闘やペット育成機能など含めどこをとっても萌え要素満載の本作萌えヲタや腐女子諸君には正によだれダラダラの仕様と言って間違いないだろう。萌え入門にももってこいの本作!是非その世界観を体感してほしい。

スクリーンショット: エミルクロニクルオンライン

  • Screenshot_1
  • Screenshot_2
  • Screenshot_3
  • Screenshot_4
  • Screenshot_6
  • Screenshot_7

返信する

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*